独立したいならフランチャイズを試してみよう

事業の海外進出を狙う

握手

コンサルタントを活用

海外に事業を拡大することを考えているならば、アジア進出のための足がかりとなる香港、あるいは人口大国であるインドネシアがいいでしょう。インドネシアは世界第4位の人口大国であり、それだけで大口の顧客獲得が見込めます。しかし、海外で事業を展開する場合は経営ビザの取得をはじめとした様々な手続きの流れが存在するのです。海外での開業を支援するコンサルティング業者を上手く活用し、面倒で煩雑な手続きを上手く進めていきましょう。インドネシア市場を調査するのも、自分たちでやろうとするとかなり困難ですが、コンサルティング業者に委託すると安心です。現地の人と交渉する際にトラブルが生じることも無いので、できるだけプロのコンサルタントに仲介してもらうようにするといいでしょう。コンサルティング業者に依頼する際の流れとしては、日本で海外での事業展開の構想を練る段階から、現地での事業を運営するまでとなります。最初からずっとコンサルティングしてもらうことが大切であり、ビザの取得から会計税務まで適切に代行してもらうべきなのです。インドネシアは比較的事業を展開しやすい国であり、永久法人事業者許可の取得も用意となっています。しかし、海外であることには変わりなく、プロのコンサルタントに支援してもらわないとトラブルを防ぐことも解決することも難しいのです。最初に行う法人名の申請が簡単であることから、全て自社で行おうとしてしまいがちですが、コンサルティング業者としっかり話し合っていきましょう。